1. ホーム
  2. keyboard_arrow_right
  3. Access consciousness

Access consciousness

〜アクセスコンシャスネス〜

アクセスコンシャスネスとは?

アクセス・コンシャスネスは175カ国以上に広まり、プラクティショナー(実技習得者)やファシリテーター(講師)がいます。30年の間、世界中の人々の人生を変化させることに貢献してきました。アクセスコンシャスネスのコンセプトは〜あなたがすでに知っていることを「知る」ことを力付ける〜その目的はあらゆるものが存在し、何もジャッジされないコンシャスネスとワンネスの世界を創ることです。1995年にギャリー・ダグラスによって創設され、2000年からはDr.デイン・ヒアとの共同創造により、今では世界中に13,000名を超えるバーズファシリテーター(BF)がいます。

Keiko Pule Lehuaは日本ではまだ数少ないアクセス コンシャスネス認定ファシリテーター(CF)として、アクセスバーズ、フェイスリフト、ボディプロセス、ザ・ファンデーションのクラスを開催しています。そして、日常生活によくみられるあらゆるトピックについて、プライベートセッション、クラスやワークショップを通して人生を変えるツールとプロセスを提供しています。

〜アクセス コンシャスネス創始者のギャリーダグラスのメッセージ〜

「コンシャスネスとは、自分自身と他人をジャッジせず、人生のどんな瞬間にもそこに存在する能力です。それは全てを受け取り、何も拒まず、あなたの人生で望む全てを、、、今以上に、そして想像できる以上に創造する能力のこと。もし自分自身を進んで慈しみ、大事にするとしたら?もしなれないと決めつけた全てのものになれる扉を開いたとしたら?この世界の可能性にとって、あなたがどれだけ重要な存在であるかに気づくには、何が必要でしょうか?」

アクセスバーズ®とは?

アクセスバーズ®は頭の周りにある32箇所のポイントに優しく触れるストレスケア。脳のポジティブな変化を促しストレスの電子磁気的な構成要素を解放します。アクセスバース®のセッションは、ストレスの軽減、幸福感や満足感、モチベーションなどの向上、穏やかな心で集中することができるようになるなどの効果が期待できます。

学んだその日から、すぐに活用出来る技術です。日頃、お客様に触れるセラピストさんにはもちろんのこと、家族や友人に、そしてセルフケアとしても、いつでもどこでも実践出来るので、大人から子供まで多くの方が参加しています。

国際認定プラクティショナーの資格を取得出来ます。

ザ・ファンデーションとは?

徹底的に人生の土台をひっくり返し、全く違った視点から物事を見ることができるようなる、4日間の旅。
「あなたというギフトを生きる。」これまで変化させることが出来なかった人生のあれやこれやを変化させるためのクラス。
いつの間にか、人生の基盤に組み込んできた「制限」がどれくらいあるでしょう?いつでも安心して、未来の可能性の中にワクワクと思いを巡らせることが出来るのだとしたら、どれだけの可能性が広がるでしょうか?

アクセスバーズ1dayクラス受講者はどなたでも参加可能です。このクラスを受講した方の一番多い感想は「なんで、もっと早くこのクラスを選択しなかったの?」。年に一度、クラスの内容が時代に合わせて更新され、毎年再受講する方も多い人気のクラス。受講するとファシリテーターの更新条件と、ギャリーダグラスをはじめとした上位クラスCOP、ESB、SOP、3dayBodyなど)の受講条件を満たします。

アクセス・エナジェティック・フェイスリフト™とは?

アクセス・エナジェティック・フェイスリフトは、ダイナミックでありながら穏やかなボディプロセスです。お顔や体を若返らせるだけでなく、運気をはじめ人生のあらゆる側面を上向きにすることが期待できるといわれている人気のクラスです。
顔、頭、胸、そして全身に向けられたジャッジメントを解除し、思うままに変容する可能性を与えてくれると言われています。

学んだその日から、すぐに活用出来る技術です。日頃、お客様に触れるセラピストさんにはもちろんのこと、家族や友人に、そしてセルフケアとしても、いつでもどこでも実践出来るので、大人から子供まで多くの方が参加しています。

国際認定プラクティショナーの資格を取得出来ます。

プライベートセッション

代官山のサロンでアクセスバーズ®プライベートセッションが受けられます。
クラス受講前にまずは体験されたい方や、じっくりと施術を受けたい方におススメです。

セッション終了時に各クラスへお申込みいただいた方は、キャッシュバックキャンペーン中!!

※セッションはスタッフmasamiが担当させていただきます

クラススケジュール

Official SNS

メニュー